白髪染めの安心の重要性

白髪染めを安心して使うためには無添加、弱アルカリ性、無香料

あなたが白髪染めを選ぶとしたら、安全面を最重視して選んでほしいと思っています。健康面で安心して使用して欲しいからです。そのための条件としては、カラーリング剤として天然の成分を使用していること。無添加であること。弱アルカリ性(微アルカリ性)であること。ツンとくるような臭いのない、無臭の無香料の製品であること、が挙げられます。

 

安心の白髪染めは無添加のヘアトリートメント

そして、これらの条件を満たすものは、いわゆるヘアマニキュアという、カラーリング剤として染毛料を使用した部類の製品になります。

カラーリング剤は、染毛剤と染毛料に薬事法で分類されるんですが、染毛剤は医薬部外品に分類される成分で、染毛料は化粧品に分類されます。染毛剤の方がそれだけ取り扱いに注意が必要というわけです。端的に言えば、より危ない可能性を秘めているのが染毛剤ということ。

ヘアカラーは染毛剤を使用した髪染めなので、おしゃれ染めにしろ、白髪染めにしろ、要注意になります。髪にも頭皮にも危険でダメージを与える可能性の高いと認識しておいた方が良いでしょう。染毛剤は、髪の表面のキューティクルを一度開いて、毛髪の中にそれら化学物質を送り込みます。髪の艶の命でもあるキューティクルを傷つける危険性をはらんでいるのです。

また、人間の肌は染毛剤に含まれているパラフェニレンジアミンやアナフィラキシーにアレルギー反応を示す可能性もあり、危険です。肌がかぶれたり、痒くなったりするだけでなく、ひどい場合は、酷い痛みや呼吸困難といった症状が発生するケースも報告されています。

使用する前にはパッチテストでアレルギー反応が出ないか必ず確認しておくことが必須です。某機関の調査によると、実際に事前のパッチテストを行なっている人はかなりの少数との数字もでているようです。これではいけません。へアカラーの染毛剤は、あなたの健康を損なう恐れがある物質なわけですから、取扱いは慎重に行なうべきです。

一方、染毛料を使用した製品としては、ヘアマニキュアだったりヘアトリートメントだったり、染毛力は比較すると弱いけど、安全面では勝っています。

最近では、利尻昆布などの天然素材を使用したヘアカラータイプの白髪染めが人気です。染毛剤を使用した白髪染めは美容院などのプロに頼むことをおすすめしますが、天然素材のヘアカラータイプ白髪染めでしたらご自宅で安心してあなた自身で染めることが出来るのでお手軽に出来てお勧めです。

通常の染料で髪を染める場合、どうすればムラなく白髪染めができるか?というのが大きな関心事となります。白髪染めに限らず、ヘアカラーをした際の染まり具合で気になるのは、色ムラではないでしょうか。毛先ばかり明るくなってしまった、逆に根元ばかり明るくなってしまったなど、美容院とは違い、自分で白髪染めを行うとそのような壁に突き当たってしまうこともあります。

色ムラが出ることが多いのは、生え際と後頭部だそうです。これは、一人では液が均一に塗り広げられないことや、髪質が合っていないこと、室温などのさまざまな要因が絡み合い、色ムラの原因となっているのです。

染まり具合に納得がいかなくて、何度もカラーリングし直していると、髪が傷んでしまい、液が髪に入りにくくなってあまり染まらずまたやり直し・・・などという無限ループに陥りかねません。染まり具合に自信の無い方は、ムースタイプのものや液ダレしにくいクリームタイプのものを使うなど、工夫するようにしましょう。

また、重要だと言われているのが髪のブロッキングです。髪をいくつかに分けて、液をまんべんなく塗ることでムラを防ぐとされています。

ただ、ヘアマニキュアやトリートメントだったりしますと、ここまで心配することはありません。何回かにわたって長期的に髪に色をつけていきますので、一発勝負の通常の白髪染めとは違います。そういった点もメリットがあると言えますね。